冷静な判断、乗客を救った機長の技術力!

冷静な判断、乗客を救った機長の技術力! に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

「決められた通りにやった」=胴体着陸した全日空機機長-冷静沈着な人物との評
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000230-jij-soci


ニュースでも見ましたが、かなり冷静沈着な機長だったようです。乗客も前輪がないなんて思えないほどの胴体着陸だったようで、技術力も素晴らしかったのでしょう

管制塔との確実なやりとりも素晴らしかったようです

なんにせよ怪我人が出なかったのが一番ですね!


yahooニュースより引用

「決められた通りにやりました」。前輪が出なかった全日空1603便ボンバルディア機を高知空港に胴体着陸させた男性機長(36)は、着陸後、会社に対しこう冷静に報告したという。
 全日空によると、機長は別の航空会社勤務を経て1996年に入社。2003年から機長を務め、総飛行時間は約7900~8000時間だった。事故を起こしたDHC8-400型機での飛行時間は900時間弱で、「十分な経験」(関係者)を備えていた。機長を知る人によれば「冷静沈着な人物」という。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsnewsnewsgo.blog96.fc2.com/tb.php/40-eeaceb5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。