胴体着陸の原因解明へ・・・

胴体着陸の原因解明へ・・・ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

全日空機胴体着陸 前脚ドア手動で開かず 欠陥の可能性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000000-maip-soci


昨日、高知空港に着陸する全日空機で前輪が出ず胴体着陸するという事故が起きました

怪我人は出ずに良かったのですが、このボンバルディア社製の同型機では、この一年間に10件近いトラブルが発生している

この原因をつきとめるまでには運行する事はできないでしょう


yahooニュースより引用

全日空1603便(乗客乗員60人、ボンバルディアDHC8-Q400型)が高知空港で前脚が出ずに胴体着陸した事故で、事故機は緊急着陸用の脚格納ドアを開く装置が作動せず閉まったままだったことが13日、国土交通省などの調べで分かった。同省の航空・鉄道事故調査委員会は、手動でドアを開かせる装置に欠陥があった可能性があるとみて、高知県警と共同で機体を調べている。
 手動装置は、操作ミスや不具合などが起きることを前提に障害を未然に防ぐ「フェイルセーフ」にあたるが、今回の事故では働かなかった。
 国交省はまた、全日空グループと日本航空グループの同型機22機を含め、前脚周りの構造が酷似しているDHC8シリーズの他型機を合わせた計36機についても、前脚の作動状況を調べるよう求める耐空性改善通報(TCD)を出した。航空各社は目視点検を終えるまで飛行できず、14日の空のダイヤにも一部で影響が出そうだ。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsnewsnewsgo.blog96.fc2.com/tb.php/41-833ebfad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。