つけ麺の発祥の店閉店へ・・・店に行列!

つけ麺の発祥の店閉店へ・・・店に行列! に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

大勝軒 つけ麺発祥の店、46年の歴史に幕 東京・東池袋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000010-maip-soci


残念ですね・・・こういうお店がなくなっていってしまうとなんかね・・・

つけ麺の発祥地として素晴らしい働きをしてくれました!


yahooニュースより引用

つけ麺(めん)発祥の店として知られる東京・東池袋の「大勝軒(たいしょうけん)」が20日、のれんを下ろす。再開発による立ち退きで半世紀の歴史にピリオドを打つ。「おやじ」と慕われた店長、山岸一雄さん(72)の人柄と味に魅せられたなじみ客が連日100メートル近い行列を作り、最後の味を惜しんでいる。
 大勝軒は1961年創業。カウンターとテーブル計16席が小さな店内にひしめく。客のお目当ては、山岸さん考案のつけ麺(現在650円)だ。東京・中野のラーメン店で修業していた17歳のころ。出前で忙しい同僚が麺を、スープやしょうゆなどを入れた湯飲みにつけ、かきこんでいるのを見てひらめいた。
 自分の店を出し、「特製もりそば」の名で1杯40円で発売。甘酸っぱいつけ汁とモチモチした食感の麺でたちまち人気に。74年に静脈瘤(りゅう)で両足が不自由になり、出前をやめたが、近所で働く得意客が「おやじが作ってくれれば、おれたちが運ぶ」と自ら取りに来てくれた。その習慣は今も続く。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://newsnewsnewsgo.blog96.fc2.com/tb.php/65-69b1104b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。